未成年のキャッシングは可能?

未成年でキャッシングを行うことは、難しいと考えていいでしょう。
法律では未成年が勝手に契約して借りたお金は、契約自体が無効です。
キャッシングをして全て使っていればその全てを、また残っている分はその残った分に関してのみ返済すれば、あとは返済しなくて良いということになってます。
その時点で返済していたものがあれば、それも返還を請求することができます。
未成年者は心身ともに未熟な「制限行為能力者」として、保護されています。
法律行為などは、親権者が監督すべき存在となっているのです。
もし親が保証人になっていれば親に返済義務がありますが、勝手に子供が保証人欄に署名捺印を行ったりなどしていたのであれば、それも当然無効です。
ただし一度でも親が支払ってしまえば、その時点で支払義務は発生します。
充分対応には注意しなければなりません。
金融業者もあえてこのようなリスキーな契約は結ぼうとはしませんので、未成年のキャッシングは難しいのです。
ただし結婚していれば成年として扱われる「成年擬制」となりますので、契約は出来ることになります。
「契約能力がある」と主張されないとも限りませんし、離婚しても成年擬制は消滅しません。
そういったことも避けるため、金融業者は申し込み要件の中に「年齢条件」もいれています。
ほとんどが「20才以上」となっているのはそのためです。
しかし中には20歳未満でも利用出来るキャッシングがあります。
それが学生専用キャッシングです。
学生キャッシングはお財布パートナーでも取り上げられています。
サークル費用が必要だけど、バイトだけじゃ賄えない・・・そんなときにお勧めです。

学生専用キャッシングでも会社ごとの基準を定めていますので、20才以上としているものもみられます。
しかし18才以上の学生(高校生は不可)で一定の収入があれば、申し込むことが出来るものもあるのです。
学生証などの提示が、申し込みの時点で求められます。
そのようなキャッシング商品であれば、金利も一般的に低く、貸付金額も社会人に比べ少額で、学生でも利用しやすいようになっています。
貸金業者としては「学生は親がかりである」ということで、安全性の高い利用者と考えることもできます。