消費者金融のキャッシングを申し込むときの年収規定

お金を借りるときに多くの人は、キャッシングという方法を思いつくでしょう。テレビCMで毎日やっているので馴染みが深く、利用をしやすいイメージだからです。消費者金融という言葉は誰でも一度は聞いたことがあるでしょう。利用をするときには、大手の企業を選ぶと安心して利用ができます。

どの企業であっても、キャッシングをするときには審査をするのが一般的です。いろいろな項目がありますが、年収は絶対に見られます。低いよりも高いほうが返済能力が高いと判断され評価は高いです。また、総量規制があるので年収の3分の1しかキャッシングをすることができないことも知っておきましょう。例外もありますが、通常のキャッシングは年収の3分の1までと決められているのです。

消費者金融にはキャッシングをする人に条件があります。それが、20歳以上から65歳までの人で安定した収入があるひとです。どれくらいが安定した収入かは定かではありません。しかし、学生でも借りることができることを考えれば数万円の収入があればいいのです。年収が30万円であっても、10万円を借りることができます。

キャッシングをするときに、正社員ではないから借り入れをすることが困難ということはありません。学生用や主婦用といったプランまで用意されているのです。正社員以外の人は、自分の職業専用のキャッシングサービスがないかを探して見ましょう。通常の消費医者金融よりも審査に通りやすいはずです。