キャッシングの注意点グレーゾーン金利について

グレーゾーン金利というのをご存知でしょうか。2010年に現在の貸金業法が施行されるまでは、消費者金融での金利設定には2つの基準がありました。本来は、利息制限法という法律に基づいて、20パーセントが上限と定められていたのですが、もう1つ出資法という法律があり、それでは29.2パーセントまでの金利をつけても、処罰の対象にはなりませんでした。このため、消費者金融では20パーセントの、法定金利以上の金利をつけてキャッシングを行っていました。この金利のことをグレーゾーン金利といいます。
しかしこれは、後の最高裁判決でも問題視され、また、かつてのキャッシングの利用者から、金利の過払いを返還しようという動きが起こって来ました。これを過払い請求と言います。その一方で、貸金業法も見直しを迫られるようになり、このグレーゾーン金利を廃止して、20パーセント以上の金利をつけた業者への処罰規定を盛り込んだ、改正貸金業法が施行されるに至りました。
もし、この改正貸金業法施行以前に、消費者金融のキャッシングの経験がある人は、たとえ完済していても、一度弁護士や司法書士に頼んで、取引履歴をチェックしててみることをお勧めします。場合によっては払い過ぎた金利の分が戻って来ます。また、任意整理などを依頼した場合でも、過払いとわかれば、整理は行わずに済みます。この場合の注意点は、最終取引から10年以内であるということです、ですから早めに行うのがいいでしょう。またもう1つの注意点として、過払い請求はあくまでも貸金業法に基くものです。従って、銀行でのキャッシングには対応していません。